ボトルの種類

ウォーターサーバーは水道水より安心して利用できる

ウォーターサーバーに使用される水は天然水と、人工的濾過されたものが中心となります。
まず、天然水として選ばれるものはどこのメーカーも美味しい水として有名な土地のものを選んでいます。
代表的な場所は富士山麓です。

もちろん、美味しいというのは主観的な感想だけではありません。
地層や採掘場所の条件が整っており、長い年月をかけて自然の中で濾過されてきたものです。
そのような天然の水に徹底した衛生管理を行っています。

更に専門機関による定期検査でその安全性を証明しています。
検査結果を随時公開しているメーカーも多いです。
更にサーバーやタンクなどにもクリーンなシステムを導入するなど、安全と衛生面は日々進化しているのが現状です。

人口的に濾過した水を使用しているメーカーも多くあります。
飲料に適している水を選び、それを更に濾過してから使用しています。
活性炭フィルターなどを利用して塩素やカルキ質などを更に除去するのです。

なので、一般的な飲料水よりも土壌などに左右されることなく、安全性が高い水を安定的に供給できるシステムになっています。
また、そこに天然水に含まれるようなミネラル成分を加えているメーカーも多いです。
これらと比べると、水道水は全く異なったものだということがわかります。

まず、水道水は河川の水などを消毒したものになります。
一定の基準があるのですが、細菌などの人体に悪影響のあるものを塩素消毒しているのです。
よく「カルキをとばす」という言葉を耳にしますが、それはその消毒薬のことです。

人体に影響がある量は残っていませんが、微量ながらも水道水には塩素消毒剤が残っています。
そして地域によって味が違います。
消毒剤の使用量や元々の水質の違いがあるからです。

このようにウォーターサーバーの水と水道水は全く別のものです。
日本の水道水は世界的にみても安全性がとても高い水です。
しかし、ウォーターサーバーの水は更にその上をゆく安全性が保証されています。
安心して利用できる水といえます。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.