ボトルの種類

市販されている水との相違点って?


市販されている水も、ウォーターサーバーの水も種類が色々とありますが、
基本的には似ていて全く違うものになります。
まず、市販されている水は「ミネラルウォーター」がほとんどです。

これは地下水を原水としている水のことを言います。
国内ではやはり富士の水に人気があります。
それを証明するかのように山梨県が生産量1位になっています。

ミネラルウォーターは長い時間をかけて自然のなかで濾過されたものです。
その過程ではその土地特有のミネラル成分を多く含むことがあります。
ミネラル成分の種類や含有量の違いが味の違いも生んでいます。

よくある勘違いが、その名前からミネラルを多く含む水だと思ってしまうことです。
特に成分量で規定されたものではありません。
ミネラルが豊富な水を購入したいのであれば、そのような記述や成分量の確認が必要です。

一方、ウォーターサーバーの水にはミネラルウォーターを使用しているものと、飲料可能な水を更に濾過したものに分かれます。
ミネラルウォーターはその水質や採水方法などにこだわって選んでいます。
例えばバナジウムが多く含まれるもの、有機ゲルマニウムが含まれるなどの特徴を打ち出すことで市販の水と差別化を図っています。

飲み口や味にこだわって選出しているところもあります。
濾過した水にも工夫がされています。
多くのメーカーではRO膜という極小浄化孔フィルターを使用しています。

これによって限りなくピュアな水に仕上げることが出来るのです。
一般的な浄水器では除去できない環境ホルモンも取り除いています。
更に、ここにミネラル成分などを加えているメーカーもあります。

安全性のアピールとしては、工場の様子などをホームページで公開しているメーカーもあります。
放射性物質や水質調査の結果の公表も随時行っています。
このように市販されている水とウォーターサーバーの水は同じようなものもありますが、相違点がとても多いです。

どちらが優れているというものではありません。
ナチュラルなところに価値を求めるのか、より安全性の高いものを求めるのかの違いもあるでしょう。
メーカーによる違いもかなり大きいです。
メーカー毎の水の違いにも注目して選ぶと良いでしょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.