ボトルの種類

水が入れてあるボトルの種類はどのくらいあるの?

ウォーターサーバーに使用するボトルには大きく分けて2つのタイプがあります。
従来から使用されているリターナブルタイプと新しく誕生したワンウェイタイプです。
まず、リターナブルタイプについて説明します。

これは再利用が出来るボトルです。
使用済みのボトルを業者が回収して殺菌処理等を施した後に再利用します。
メーカーはボトル生産分のコストを抑えることが出来ます。

ユーザーはゴミが出ないこと、ボトル分の料金が安く済むというメリットがあります。
メーカーとユーザーの両者にメリットがあるため、この方式のボトルが広く普及しました。
しかし、水を出すときにボトル内に空気が入ってしまうというデメリットがあります。

空気と一緒に雑菌が入ってしまうのです。
各社、フィルターの設置などで対応しています。
新しく誕生したワンウェイタイプは空気が入ってしまうというデメリットを解消したものになります。

使い切りのボトルです。
給水によりボトル内の水の量が減ると、それに応じてボトルが縮んでゆきます。
その際に空気が入らない仕組みになっています。

雑菌が入ることも防げるわけです。
ただし、使用済みのボトルは再利用が出来ません。
使用済みボトルを保管せず処分することが出来る点はメリットと言えるかもしれません。

けれど再利用が出来ないため、ボトルにかかるコストが使用料金に上乗せされるのです。
ボトル1本当たりの料金はワンウェイのほうが高くなります。
どちらが良いと思うかは人それぞれでしょう。

雑菌などが非常に気になる人はワンウェイの方が良いはずです。
また、1本のボトルを使いきるまでに時間がかかる場合もワンウェイの方が安全性は高まります。
水の中で雑菌等が繁殖する時間を与えてしまうからです。

そうでなければリターナブルで何の問題もありません。
もし気になるようであれば、各社の対応を比較すると良いでしょう。
ボトルはサーバーの上部に設置するものが大半ですが、重さのあるボトルを持ち上げることが大変な人もいるでしょう。

実は、そんな人に便利な足元にボトルを設置出来るものもあります。
ボトルバスケット方式といって買い物かごにボトルを入れるので持ち運びも楽です。
この方式はサーバーによって使用できません。

ボトルの利用しやすさを重視するならサーバー選びも考えなければなりません。
ウォーターサーバーは取り扱うメーカーが増え、選択肢も広がりました。
ボトルの違いでサーバーを選ぶのも一つ方法です。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.