ボトルの種類

ウォーターサーバー契約の違約金という規則はあるの?

業者によっても異なりますが、ほとんどのレンタルウォーターサーバーには契約規定に利用期間に関する項目があります。
これは、一定期間以上の利用が無い場合に違約金が発生するというものです。
解約金とも呼んでいます。

通常は1年以上の利用を約束させられます。
短くて6か月という会社もありますが、1年の方が多いです。
この期間を超えないで解約手続きを行うと、5千円から1万円ほどの解約金を支払わなくてはなりません。

この内訳はサーバー引き取り手数料などに当たります。
契約時にすぐ止めることを前提にすることはないと思いますが、長く続けられる環境での契約をした方が良いでしょう。
例えば、サーバーの設置場所を十分に検討しないと不便で使わなくなるとか、邪魔になって困るといったことが起きるかもしれません。

そうすると、長く続けるつもりでも解約の方向になってしまうかもしれません。
また、引っ越しの予定がある場合にも気を付けなければなりません。
引っ越し先が配達エリアでなければ契約を持続することが出来ません。

契約をする前に対応エリアなのかを確認しておいた方が良いです。
転勤などが多い場合には全国対応の業者を選んだ方が無難です。
もうひとつ忘れてはならないのが、ボトルの存在です。

空きボトルを回収するプランの場合には、返却出来ない場合に弁済金が発生します。
つまり、弁償しなくてはならないということです。
ボトルの破損でも同様です。

これはボトルを回収して再利用することが前提とされているプランです。
その分、費用も安く設定されています。
勝手にボトルを処分してしまったり、再利用出来ないような状態にしてしまった場合には弁済金がかかるのです。

これは丁寧に扱っていれば気になることはないでしょうが、契約時に把握しておくことが重要です。
うっかり処分してしまうことを避けるためです。
1本当たり千円位になります。

違約金を発生させないためには、各社で用意しているお試しプランを利用すると良いかもしれません。
実際に利用してみることで長く利用できるのかがわかります。
また、使用することでわかることや感じることも多いからです。
お試しプランは料金も手ごろです。
気軽に利用できます。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.