ボトルの種類

引っ越ししたらウォーターサーバーの設置場所はどうなるの?

ウォーターサーバーの設置は通常、メーカーの担当者や加盟店のスタッフが行います。
引っ越しのときも同様です。
利用者が移動したり設置し直すというケースはほとんどありません。

担当者に連絡して一度撤去、その後引っ越し先に再度設置するといった流れになります。
遠方であっても近くの営業所から新しいサーバーを届ければ済むので問題ありません。
しかし、通常は未使用ボトルの返品が出来ません。

ボトルは自ら運搬するしかありません。
また、水が多く入ったままのサーバーの移動は出来ません。
一度水を抜く必要があります。

引っ越しの日程に合わせて計画的にボトルを開けた方が良いです。
中には、他の荷物同様に引っ越し業者などに運んでもらってよいという会社もあります。
中の水を出しきるなど、事前の準備も必要になりますが、この場合は全てセルフで行ってもらうことを前提としています。

もちろん、設置も同様です。
多少面倒に感じるかもしれませんが、そんなに手間がかかるものではありません。
ホームページに注意点が掲載されているので、そのポイントさえ押さえれば簡単に設置出来ます。

精密機械ではないので、自分の判断で移動をしてしまう人もいますが、引っ越しのように埃をかぶったり、汚れる可能性が高い移動には特に注意が必要です。
例えば、空のボトルを外してから運搬を行うと、水がサーバー内に入ってゆくところから雑菌が入ってしまう恐れがあります。
安易な気持ちで動かすとそのような危険性が増します。

必ずホームページなどで取扱いの注意事項を確認しなければなりません。
しかし、一度経験すれば後は楽です。
何度も業者が出入りすることを考えればセルフの方が楽かもしれません。

ただし、引っ越し先がそのメーカーのカバーしているエリアでなければ契約自体続けることが出来なくなります。
全国規模でカバーしていないメーカーですと、そのようなことが起きる可能性もあります。
そのメーカーとの契約は解除し、新たに別のメーカーを見つける必要が出てきます。
転勤などが多い職業の人はその手間なども考慮し、最初から全国でカバーできる業者を選んだ方が良いかもしれません。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.