ボトルの種類

ボトルは業者に返して何か得られるものってありますか?

ボトルを返却したからといって、何かがもらえるということはありません。
しかし、実はかなり得をすることが出来ます。
その話をする前に、ボトルの種類について説明します。

ボトルには返却義務があるものと、返却せずに処分しなくてはならないものの2タイプがあります。
返却しない方は、当然ながら返そうとしても受け取ってもらえません。
ここではあくまでも、返却義務があるものについての話になります。

このボトルを返却するシステムをリターナブル方式といいます。
ウォーターサーバーといえば、このリターナブル方式のイメージが強いと思います。
従来、この方式で広く知られるようになったからです。

この方法はメーカーにも、ユーザーにもメリットがあります。
このタイプのボトルは再利用することを前提として作られています。
水の宅配事業は、一軒一軒に水を運びます。

その際に空のボトルを回収すれば良いので、回収するためのコストや手間もかかりません。
回収したボトルは殺菌などをして再利用すれば、ボトルを作るコストを抑えることが出来るのです。
一方、ユーザーは利用料金などに新しいボトル分の代金が乗っかりません。

つまり、利用者も費用を抑えることが出来るのです。
余分なコストを抑えることで両者が得をするシステムなのです。
一番最初に、ボトルを返却したからといって、何かがもらえるということはありません。
と記述しましたが、それはすでに返却のメリットを受けているからです。

目に見えて何かが貰えるわけではありませんが、間違いなくリターナブル方式の恩恵を受けているのです。
新しいワンウェイ方式の料金と比較すれば明らかです。
ワンウェイ方式はボトルが一回使い切りになります。

なので同じ水でもこちらの方が料金が高く設定されているのです。
リターナブル方式はボトルの返却が前提となっています。
つまり、返さないと契約違反にあたるのです。

ちょっと邪魔だったからと勝手に処分してしまえば、弁済金を請求されます。
ボトルを破損しても同じです。
再利用できる状態で返却することがルールなのです。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.