ボトルの種類

ウォーターサーバーは場所をとらない物もある?

ウォーターサーバーはデザインや種類が豊富になりました。
場所を取らないだけでなく、インテリアの一部として溶け込ませることも出来ます。
置き場所に困るようなことは随分と減ってきたと言えるでしょう。

一人暮らしであったり、利用量がすくない家庭には超小型のサーバーがあります。
幅23センチ×奥行き45センチ×高さ43センチというものも出ています。
これは形状も丸いので更に小さく感じます。

ボトルでなくパックタイプの水なので空きボトルを置くスペースも必要ありません。
キッチンの作業スペースにも置ける手軽さです。
タンク容量は800ccです。
しかし、こちらは常温水と冷水のみの対応になります。

次に小さいサイズは一般的な卓上デザインです。
先ほど紹介したものより一回り以上大きくなりますが、温水と冷水の両方に対応しています。
幅30センチ×奥行き35センチ×高さ55センチこのサイズ前後のものが主流になっています。

卓上デザインは様々なメーカーからでているので、好みのデザインから選ぶことが出来ます。
水の種類も色々あるので、そちらから選んでも良いかもしれません。
ここまではより小さいものを紹介しましたが、インテリアの一つと考えると場所を取っても良いと思えるデザインもあります。

スタイリッシュなデザインやカラーがキレイで豊富だったりするので、リビングルームの主役にしても良いほどです。
確かに場所を取らない方が便利です。
けれど、最新のデザインを知ったら選ぶ基準も変わるかもしれません。

そして、意外に場所を取るのは空きボトルの存在です。
次に使用するストックボトルは無くては困るのでそんなに気にならないでしょう。
配達ペースを調整することも出来ます。

しかし、回収前提の空きボトルは不要なものなので気になるものです。
多少料金が高くなっても気にならなければ、使い切りのボトルにすれば話が早いです。
回収を待たずにゴミとして処分することが出来るからです。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせない水について All Rights Reserved.